ハーモニー♪の【♪喫茶室】は<こちら>です。
ハーモニーのこと、会員登録のことは<こちら>

2017年09月24日

ペアレントトレーニング第7期生(中高生以上クラス)募集のお知らせ


ご好評をいただいております
『発達に凸凹のある子どもを持つ親のためのペアレントトレーニング<第7期> 中高生以上クラス』
のご案内です。

10月から来年3月にかけて、
全10回のペアレントトレーニング・連続講座講座を開催します。
第6期、小学生クラスと同時募集ですのでお間違いのないように!

ペアレントトレーニングは、できればお子さんが小さいうちに受けた方が成果も出やすいのですが、お子さんの特性や環境によっては年齢が上がるまで気づかなかったり、年齢が上がってからトラブルが目立つようになることもあります。
中高生、もしくは大学生や社会人になってから診断がつくことも、決して珍しいことではありません。
中には不登校やひきこもりになっているお子さんも、多数いらっしゃいます。
決して誰かが悪いわけではないけれど、
「対応がわからない」
「相談しても答えが出ない」
などの声をよく聞きます。

私がペアトレの講座を始めてから、2つ目のクラスがやはり中高生以上のグループでした。
開講当時、皆さんとても辛そうに集まって来ました。
半年後、全ての問題が解決したわけではないけれど、打ち上げの席ではみんな笑顔で乾杯!して、美味しいお酒を飲みました。
親子関係が改善したという嬉しい声を聞きました。

子どもの年齢が上がるほどに、難しい問題が増えてきます。
今までも一生懸命対応してきた方がほとんどですが、ほんの少しの方向性の違いだったり、コツを知らないだけだったり、お子さんの特性を掴んでいなかったりと、「惜しい!」というケースもまた多かったようです。


精神科医の田中康雄先生も
「支援に手遅れはない」
とおっしゃっていました。
私も、21歳の自閉症スペクトラムの息子を持つ親として、
同じ立場のお母さんに少しでも笑顔になってもらいたいと思っています。
興味のある方、是非お問合せ下さい。

日程などは、以下の通りです。


講師・・・冨樫ちはる(NPO法人ハーモニー♪会員)
3児の母。長男(現在21歳)が、3歳の時に自閉症と診断される。
母子通園施設に3年間通ったことをきっかけに、保育士、ヘルパー、自閉症スペクトラム支援士、メンターコーチなどの資格を取得。
子育て支援ワーカーズ、児童デイサービスの職を経て、現在は江別市の小学校で「こころの教室相談員」として勤務する傍ら、発達障害児の親向けの茶話会や講座を主催。
平成29年3月、米田和子氏によるペアレントトレーニング・トレーナー養成講座終了。

◇ 定員6名(最少催行人数3名)

◇ 受講料30,000円(講座全10回・個人面談付き)
  ご希望の方に、冬休み期間中に特別料金にて原始反射の統合セッションを企画致します。

申込締切 10月20日
対象は、小学生で発達障害・またはその疑いのあるお子さんをお持ちの方。
育児に困り感があれば、診断などは問いません。

★日程:10/30, 11/13, 11/27, 12/11, 12/18, 1/29, 2/8, 2/19, 3/5, 3/19
(主に月曜日)
※原始反射の統合セッションの日時は未定です。
※個人面談は期間中一人1回です。
(どちらも受講者様の予定に合わせて設定します)
★時間:13時30分〜15時
★場所:「ちえりあ」を予定しています。

☆受講資格は、できるだけ10回全てに意欲的に参加できる方です。毎回宿題も出ます。
☆お休みされた場合は、資料と宿題を送付し、メールなどで補足いたします。基本、補講はできませんが出来るだけのフォローはします。
☆講座へのお子様連れは不可といたします。託児はありません。
☆その他、お気軽にお問合せ下さい。

申し込み・お問い合わせはこちらのフォームに書き込んで下さい。


お申し込みの方には、また詳しい文書を差し上げます。
受講条件などを精査していただいた上で、正式にお申込みを受け付けいたします。
posted by ハーモニー♪ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

ペアレントトレーニング6期生(小学生クラス)募集のお知らせ

ご好評をいただいております発達に凸凹のある子どもを持つ親のためのペアレントトレーニング・小学生クラスのご案内です。
10月から来年3月にかけて、全10回のペアレントトレーニング・連続講座講座を開催します。
これまでの修了生の方からは
「怒ることが減った」
「子どもの良いところを見つけることが増えた」
「ほめポイントがわかった」
「子どもとの関係が良くなった」
と、嬉しいご感想をたくさんいただいています。
また、受講生同士の情報交換としても貴重な場となっています。
学校のこと、友だちづきあいのこと、習い事やデイサービスのことなど、聞き合うチャンスがたくさんあります。
受講を考えていらっしゃる方は、ぜひお問い合わせください。
9月20日・10月13日の「ワン・シード茶話会」で詳しいご説明も出来ます。

ペアレントトレーニングとは・・・
 親が子どもにわかりやすい具体的で効果的な対応を身につけることで、悪循環を断ち、親と子がともに自己有能感や自尊心を取り戻し、日常生活をより穏やかに送ることができるように親をサポートするためのプログラムです。
 内容は、子どもの行動観察と良い行動への注目、ABA応用行動分析を使ったテクニックの習得などです。状況に応じて発達障害の特性や個別の事例を検討したり、ロールプレイなどを行います。
「子どもの凸凹や障害を治す」のではなく、上手く付き合っていくための「親の学びと気づきの場」です!

講師・・・冨樫ちはる
3児の母。長男(現在21歳)が、3歳の時に自閉症と診断される。
母子通園施設に3年間通ったことをきっかけに、保育士、ヘルパー、自閉症スペクトラム支援士、メンターコーチなどの資格を取得。
子育て支援ワーカーズ、児童デイサービスの職を経て、現在は江別市の小学校で「こころの教室相談員」として勤務する傍ら、発達障害児の親向けの茶話会や講座を主催。
平成29年3月、米田和子氏によるペアレントトレーニング・トレーナー養成講座終了。

◇ 定員6名(最少催行人数3名)

◇ 受講料30,000円(講座全10回・個人面談付き)
  ご希望の方に、冬休み期間中に特別料金にて原始反射の統合セッションを企画致します。

申込締切 10月20日
対象は、小学生で発達障害・またはその疑いのあるお子さんをお持ちの方。
育児に困り感があれば、診断などは問いません。

★日程:10/25,11/8,11/22,12/6,12/20,1/24,2/7,2/21,3/7,3/22
(主に水曜日)
※原始反射の統合セッションは未定です。
※個人面談は期間中一人1回です。
(受講者様の予定に合わせて設定します)
★時間:10時〜11時30分
★場所:札幌エルプラザを予定しています。

☆受講資格は、できるだけ10回全てに意欲的に参加できる方です。毎回宿題も出ます。
☆お休みされた場合は、資料と宿題を送付し、メールなどで補足いたします。基本、補講はできませんが出来るだけのフォローはします。
☆講座へのお子様連れは不可といたします。託児はありません。
☆その他、お気軽にお問合せ下さい。
<申し込み・お問い合わせ>こちらのフォームよりお願いします。

お申し込みの方には、また詳しい文書を差し上げます。
受講条件などを精査していただいた上で、正式にお申込みを受け付けいたします。
posted by ハーモニー♪ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

2017年04月27日

ペアレントトレーニング受講生募集!2017年5月22日開講

ペアレントトレーニングの講座を、札幌にて開催します。

ペアレントトレーニングとは・・・
 親が子どもにわかりやすい具体的で効果的な対応を身につけることで、悪循環を断ち、親と子がともに自己有能感や自尊心を取り戻し、日常生活をより穏やかに送ることができるように親をサポートするためのプログラムです。
 内容は、子どもの行動観察と良い行動への注目、ABA応用行動分析を使ったテクニックの習得などです。状況に応じて発達障害の特性や個別の事例を検討したり、ロールプレイなどを行います。
 「子どもを治す」のではなく、上手く付き合っていくための「親の学びの場」です!

講師・・・冨樫ちはる
3児の母。長男(現在21歳)が、3歳の時に自閉症と診断される。
母子通園施設に3年間通ったことをきっかけに、保育士、ヘルパー、自閉症スペクトラム支援士、メンターコーチなどの資格を取得。
子育て支援ワーカーズ、児童デイサービスの職を経て、現在は江別市の小学校で「こころの教室相談員」として勤務する傍ら、発達障害児の親向けの茶話会や講座を主催。
平成29年3月、米田和子氏によるペアレントトレーニング・トレーナー養成講座終了。

◇ 定員6名 
◇ 受講料30,000円(全10回)資料・会場費込
※4月中にお申し込みの方は26000円

申込締切 5月10日
対象は、小学校1年生〜小学校6年生の発達障害(またはその疑い)のお子さんをお持ちの方。
日程:(平成29年)5月22日、6月5日・19日、7月3日・24日、8月23日、9月4日・25日、10月2日・16日(8月23日のみ水曜日、他はすべて月曜日)
時間は10時〜11時30分、場所は札幌エルプラザを予定しています。
(一部、変更になる場合もございます)

☆受講資格は、10回全てに意欲的に参加できる方です。毎回宿題も出ます。
☆講座へのお子様連れは不可といたします。託児はありません。
☆お支払いは一括または15,000円×2回のどちらかでお願いします。(早割で分割の方は13000×2)
☆その他、お気軽にお問合せ下さい。
<申し込み・お問い合わせ>冨樫ちはる(oneseed.chiharu@gmail.com)
又は「発達凸凹応援団ワン・シード」のフェイスブックページへメッセージ下さい。
※こちらのブログのコメント欄には書き込みしないでください。

お申し込みの方には、また詳しい文書を差し上げます。
受講条件などを精査していただいた上で、正式にお申込みを受け付けいたします。
posted by ハーモニー♪ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

2017年03月18日

「創立30周年記念フォーラム クローバーの30年とこれから」 クローバーの30年とこれから」


NPO法人北海道学習障害児・者親の会 クローバー主催
「創立30周年記念フォーラム 
クローバーの30年とこれから」

【第1部】 医療の果たした役割とこれから
【第2部】 教育の果たした役割とこれから

クローバーは、1987 年春 札幌医科大学の佐藤剛先生の呼びかけにより「感覚統合を 育てる親の会」として出発しました。当時、学習障害の子ども達が社会で認知されるには 程遠い状況の中で、親達は啓発に奔走し、医療・教育の先生方は研究会を立ち上げて子ど も達への支援を始めて、今日に至っています。この度 30 周年を迎えるにあたり、顧問の 先生方と共にこれまでを振り返り、今後の展望を語る場にしたいと思います。

≪日時≫ 平成 29 年 5月13日(土) 13時〜17時 ≪会場≫ 札幌市社会福祉総合センター 4階 大研修室 (札幌市中央区北大通西19丁目/地下鉄東西線「西18丁目」駅 出口@)

13:00 開会
13:10 ≪総合司会≫室橋春光先生 第一部 医療の果たした役割と これから
      田中哲先生、仙石泰仁先生、氏家武先生、長沼睦雄先生 (ご登壇順)
14:45 休憩
15:00 第二部 教育の果たした役割と これから
      二通諭先生、小泉雅彦先生、二宮信一先生、伊藤健太郎先生、齊藤真善先生
17:00 閉会

≪会費≫ 一般 600 円 / クローバー会員 500 円
≪締切り≫ 4月30日(日) ※定員(300 名)になり次第締切ります。
≪申込み≫ @氏名(ふりがな) A所属(裏面参照) B連絡先電話番号 をお知らせください。 ◆Eメール clover_oyanokai@hotmail.com *件名は「5/13 記念フォーラム申込み」としてください。
◆FAX 011−299−9639

NPO法人北海道学習障害児・者親の会 クローバー

名義後援(申請中) 北海道、札幌市、北海道教育委員会、札幌市教育委員会、 日本発達障害ネットワーク北海道、北海道 LD 親の会連絡協議会

<ご登壇下さるクローバー顧問の先生方 (ご登壇順)>
室橋春光先生(北海道大学名誉教授)
田中 哲 先生(東京都立小児総合医療センター副院長)
仙石泰仁先生(札幌医科大学保健医療学部教授)
氏家 武 先生(北海道こども心療内科氏家医院院長)
長沼睦雄先生(十勝むつみのクリニック院長)
二通 諭 先生(札幌学院大学教授)
小泉雅彦先生(Gifted・LD 発達援助センター)
二宮信一先生(北海道教育大学釧路校教授)
伊藤健太郎先生(札幌市立小学校教諭)
齊藤真善先生(北海道教育大学札幌校准教授)

posted by ハーモニー♪ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

2016年12月10日

ペアレントトレーニングモニター募集

ペアレントトレーニングとは・・・
 親が子どもにわかりやすい具体的で効果的な対応を身につけることで、悪循環を断ち、親と子がともに自己有能感や自尊心を取り戻し、日常生活をより穏やかに送ることができるように親をサポートするためのプログラムです。
 内容は、子どもの行動観察と良い行動への注目、ABA応用行動分析を使ったテクニックの習得などです。状況に応じて発達障害の特性や個別の事例を検討したり、ロールプレイなどを行います。
 「子どもを治す」のではなく、上手く付き合っていくための「親の学びの場」です!
◎当方にとって新しい試みのため、モニター価格での実施とする代わりに
内容充実のためのアンケートなどにご協力いただいています。

講師・・・発達凸凹応援団ワン・シード 冨樫ちはる(ハーモニー♪会員)

3児の母。長男(現在20歳)が、3歳の時に自閉症と診断される。
母子通園施設に3年間通ったことをきっかけに、保育士、ヘルパー、自閉症スペクトラム支援士、メンターコーチなどの資格を取得。
子育て支援ワーカーズ、児童デイサービスの職を経て、現在は江別市の小学校で「こころの教室相談員」として勤務する傍ら、発達障害児の親向けの茶話会や講座を主催。

<現在募集しているのは、以下の2クラスです>

モニター2 ◇ 定員6名(現在残席3名) 申込締切1/6
対象は、小学校6年生〜中学生・高校生の発達障害のお子さんをお持ちの方。
(医療機関で診断がついているか、発達検査で凸凹があり、子育てが難しい
                    お子さんの保護者が対象になります)
今回は、重篤な二次障害や行為障害のあるお子さんには対応できません。
日程:(平成29年)1/21、2/4、2/18、3/4、3/18、4/1、4/15、5/20、6/3、6/17
※すべて土曜日の午後2時〜3時半です。
場所:1/21〜3/18 教育文化会館303会議室(後半5回はエルプラザを予定しています)
         ※中央区北1条西13丁目・地下鉄「西11丁目」駅1番出口より徒歩5分
モニター3 ◇ 定員6名(現在残席3名)  申込締切 1/16
対象は、4歳位〜小学校5年生の発達障害(またはその疑い)のお子さんをお持ちの方。
日程:(平成29年)2/1、2/15、3/2、3/15、4/12、4/26、5/10、5/24、6/7、6/21
時間は10時〜11時30分、場所はエルプラザを予定しています。
基本水曜日ですが、3月2日のみ木曜日です。
☆受講資格は、10回全てに意欲的に参加できる方です。宿題も出ます。
☆講座へのお子様連れは不可といたします。託児はありません。
☆受講料は、モニター2・3ともに10回で15,000円です。
☆お支払いは一括または7500円×2回のどちらかでお願いします。
☆いずれも定員になり次第、締め切ります。モニター募集は今回で最後です。
☆モニター1の講座は、平成28年10月より開講中です。
☆その他、お気軽にお問合せ下さい。

<申し込み・お問い合わせ>冨樫ちはる(oneseed.chiharu@gmail.com)
又は「発達凸凹応援団ワン・シード」のフェイスブックページへメッセージ下さい
posted by ハーモニー♪ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

2016年09月25日

「平成28年度教師と支援者・保護者のための特別公開講座」

「平成28年度教師と支援者・保護者のための特別公開講座」

日時 2016年10月22日(土)10:00〜15:00(開場9:30)
場所 札幌市社会福祉総合センター大研修室
   (札幌市中央区大通西19丁目1番1号)
講師 鳥取大学大学院医学系研究科
   臨床心理学講座教授 
   井上 雅彦氏

午前の部 「自閉症の理解と支援」
      〜自閉症児者にとっての合理的配慮とは〜

午後の部 「発達が気になる子どもの支援」
 〜気になる行動への対応〜

※お申込み受付は、前日単位となります。どちらかだけの参加の場合も参加費の軽減はありません。

定員 300名
参加費(当日会場でお支払い下さい)
    A.ポプラ会会員(団体会員)・・・500円
    B.自閉研・JDD会員・・・500円
    C.学生・・・1000円
    D.教師・支援職・・・1500円
    E.札幌市手をつなぐ育成会会員・・・1500円
    F.それ以外の方・・・2000円

ポプラ会会員・自閉研会員・・・9月10日より受付開始
その他の方・・・10月1日より受付開始
締め切り・・・10月15日
※定員に達した時点で締め切らせていただきます

申し込み先
FAX  020−4669−9661(PDFファイルをダウンロードして申し込みフォームをお使い下さい)
Eメール  koukai-kouza@poplar.main.jp
件名に「特別公開講座申し込み」とお書きの上、PDFファイルのお申込みフォームの内容を明記してください。


申し込み方法・詳細は、PDFファイルをご覧ください。 
案内チラシL.pdf 
posted by ハーモニー♪ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

2016年09月24日

[ 「発達障がいのある人とその家族のキモチを考えるフォーラム」

平成28年度発達障がい理解促進啓発事業に係るフォーラムの開催について
 1 開催日時
  平成28年10月13日(木)10:00〜15:30
2 場所
  かでる2・7(札幌市中央区北2条西7丁目)
3 内容
  別紙「平成28年度発達障がい理解促進啓発事業開催要綱」及び「開催案内」のとおり4 その他
  開催案内及び参加申込書につきましては、当課ホームページにも掲載しております。
(フォーラム案内掲載ホームページアドレス)
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/shf/hattattu_shougai.htm

申し込み締め切りは、9月28日となっております。


こちらが、開催要項のPDFファイルです
↓   ↓   ↓

開催要綱.pdf
posted by ハーモニー♪ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

2016年09月06日

第7回札幌学院大学心理臨床センター市民講座2016子育てと共育て

第 7 回札幌学院大学心理臨床センター市民講座 2016 子育てと共育て

―普遍的なものと最近のトピックス―

第 1 回 子育て―普遍的なものと最近のトピックス―

「 子育て―普遍的なもの―」    市川 啓子 先生(元本学臨床心理学研究科教授)

「 子育て―発達障がいとの関連―」山本 彩 (本学臨床心理学研究科准教授)

 日時:2016 年 9 月 24 日(土)10 時〜 12 時(9 時 30 分受付開始)

 会場:札幌学院大学(江別市文京台 11 番地) B 館 B-101 教室 (定員 50 名)

 対象:どなたでも受講いただけます。

 申し込み方法:FAX または e メールにてお申し込みください。(9 月 9 日締切)

        FAX:011-386-9794 e メール:kokoro-j@sgu.ac.jp 

         定員を超えてお断りする場合のみ 9 月 16 日までにお知らせいたします。




第 2 回 若者文化―オタク文化の臨床心理学―

「大学生とオタク文化―学生相談から―」 斉藤 美香 先生(北海道大学保健センター講師)

「進撃系アニメと若者の不安」    村澤 和多里(本学臨床心理学研究科教授)

 日時:2016 年 11 月 19 日(土)9 時 30 分〜 12 時(9 時 15 分受付開始)

 会場:かでる2・7(札幌市中央区北 2 西 7)1060 会議室 (定員 50 名)

 対象:対人援助専門職に従事しておられる方(心理、教育、医療、福祉関係など)

 申し込み方法:PDFファイルを開いて、QRコードからおはいり下さい。
札幌学院大学心理臨床市民講座.pdf札幌学院大学心理臨床市民講座.pdf
posted by ハーモニー♪ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

発達障害を抱える大学生・専門学校生の支援勉強会

「発達障害を抱える 大学生・専門学生の支援勉強会」

基調講演
「発達障害を抱える学生支援の現状と課題」

渡邊慶一郎先生

全体座長・・・横山太範志(さっぽろ駅前クリニック院長)

シンポジスト・・・綱島三恵氏、二通諭氏、大濱伸昭氏

平成28年9月9日(金)19時〜21時

参加ご希望の方は添付のPDFファイルをダウンロードしてFAXでお申込み下さい。



発達障害を抱える大学生・専門学校生の支援勉強会.pdf発達障害を抱える大学生・専門学校生の支援勉強会.pdf
posted by ハーモニー♪ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内

2016年05月12日

JDDネット第11回年次大会のお知らせ

日本発達障害ネットワーク北海道第11回年次大会

「発達障害のライフステージにおける支援」
〜発達障害のある方々の成人後の余病と、
   幅広い発達障害の方々への共通支援とは〜

発達障害者の多くの人たちは、生涯支援を必要としていますが、そのライフステージごとに支援の内容は多岐にわたっています。
今回は、知的発達状態のあるなしにかかわらず、生涯支援を考えます。

開催日時:2016年7月17日(日) 
9:30〜12:40(9:00〜受付開始)
会  場:札幌市教育文化会館305号室
札幌市中央区北1条西13丁目
(地下鉄西11丁目1番出口より徒歩約5分)
定  員:120人 参 加 費:一般800円/JDDネット加盟団体会員500円 (当日窓口にてお支払い下さい)
参加申し込み方法:ホームページ申し込みフォームより
http://sky.geocities.jp/jdd_h/index.html (JDDネット北海道で検索してください)
*ホームページからの申し込みができない場合には、下記項目を明記の上、
ファックス(011−302−7707)
又は、メール(JDD_h@yahoo.co.jp)でお送り下さい。
@氏名(ふりがな)
A所属(一覧から選んでください)
・教師(特別支援・通常学級)
・福祉従事者(地域生活・施設 関係・その他)
・医療従事者
・行政関係
・ 当事者
・家族
・支援者
・学 生
・その他( )・ JDDネット北海道加盟団体会 員は所属団体名を記載
B連絡先(緊急時に連絡が取れるところ)
C7月17日参加希望(メールの場合は件名として)
*定員になり次第締め切ります。お断りする場合のみ連絡 いたします。
*託児はありません。
*お申込み締め切りは7月5日(火)です。
北海道自閉症協会、NPO法人北海道学習障害児・者親の会

詳細は、下記をご覧ください。
JDDネット北海道第11回年次大会チラシ (1).pdf
posted by ハーモニー♪ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ○イベントのご案内